ブログ

モルタル造形のその後

新しい技術の習得を・・と思って本社(自宅)の倉庫をモルタル造形でいじり始めたのがおよそ1年と9ヶ月前。
その後、方針が定まらないままプロジェクトは凍結(良くあることですが)。
 
しかし、事態は急変しました。
 
最近、さかりの付いた猫が代わる代わるに倉庫に侵入してマーキングをし始めたので、保管物が腐ってしまうという危機感から重い腰を上げ、バリケードを築くことにしました。
思い起こせばこの倉庫を設営中も土間を打った途端に足跡をつけられたりと、当初から猫の侵入に悩まされてはいました。
しかし、そんな状況にも関わらず放置していたのは「猫が入るのはしょうがないよな」という気持ちがあったからかも知れません。
 
しょうがないとは思いつつ、やはりなんとかしなければ。
お互いウインウインの関係を築くにはどうすれば良いか。
 
で考えたのが、途中を仕切る金網張りのドア。
これなら先に作った壁と雰囲気も合っておしゃれな感じに見えるかも。
 
ちょっと無理矢理なこじつけに思えなくもないですが、とにかくこれでようやく一つの機能を果たすモノになりました。2年近くたってやっとドアらしいものがつきました。
 
まさか、これで終わりじゃないよね。という声が聞こえてきそうですが。
 
そうですね、やり始めたらもうちょっと手を入れていきたいと思い始めたところです。
今後に期待しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る